太陽光発電の発電量予測

太陽光発電の導入を考えている方は、導入した際にどれくらいの電力を発電出来るかが気になってくると思います。

その様な発電量予測は、メーカーや販売業者のホームページなどでシミュレーションを行えば、ある程度の目安を知る事ができますが、太陽光発電の発電量は様々な事に起因しますので、はっきりとした発電量を知る事は難しいでしょう。

まず、地域によって変わってくるのですが、太陽光発電は、太陽光がなければ発電する事が出来ませんし、天候が悪ければ少量の発電しかできないでしょう。

雪などが積り、太陽光パネルが隠れてしまえば、まるで発電する事が出来なくなるので、積雪量の多い地域では、思った様に発電出来ないはずです。

大体の目安として、1kWの太陽光発電ならば、1年間に1000kWは発電出来ると言われています。【情報|太陽光発電最安値発掘隊 http://www.solar333.com/

しかし、上記の様に積雪の多い地域の場合、それに届かないと思いますし、細かに雪下ろしをするかなどでも、発電量は変わってくるのです。

さらに、天候が良い地域であっても、屋根の上に建物の影や、木々の影がさしてしまっている場合も発電量が落ちてしまうので、発電量予測は、あくまで予測だという事を覚えておきましょう。